『KANOKA』のESCAPE多摩サイ日記Ⅱ

Top > スポンサー広告 > 今年の冬支度 その2 (腹巻き) ウエアー > 今年の冬支度 その2 (腹巻き)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の冬支度 その2 (腹巻き)

お腹を壊し易い管理人 寒い冬場は冷やさない様に色々試してみたのですが、今年はある結論に達しました。





この考え方に至ったのはこちらの記事こちらの記事で取り上げた、インナーウエアーの採用がきっかけだと言えます。


今迄管理人は 『お腹が冷たくなる』 ⇒ 『お腹が壊れる』 という事を防ぐ為、必至になってお腹の周りを温める手段を施していたのです。


しかし、本当にやらなければいけないのは 『温める』 事では無く、『冷やさない』 工夫をする事が重要だったのです。

温かくなると汗をかき、その汗が冷やされた結果体が冷たくなってしまうという経験はきっと皆さんも体験して来たと思いますが、やはり快適に走る為には如何に発汗を短時間で乾燥させ、内臓部分を冷風からの直接攻撃にさらさない様にするか?が最も良い方法の様な気がするのです。



そんな事を考えていると物欲大魔王が現れて    思わずポチリ 








CIMG2349.jpg


(パールイズミ)PEARL IZUMI 480 インナーウォーマ  です 

ご覧の通り前面部分の風除けが目的のアイテムですが、ヒルクライムした後で余りの寒さにタオルやコンビニの袋をお腹に入れてダウンヒルした事を思い出し、この腹がけの様な?キャッチャーのプロテクターの様な? このアイテムを使って見る事にしました。

当然インナーはそれなりの物を着た上で、このアイテムを仕込んで走る事になるのですが、背中側は完全に開いていますのでウエアー内にこもってしまう事は無さそうです。









CIMG2353.jpg


表面はポリエステル素材で風を通さず、首の後ろでマジックテープどめするデザインです。








CIMG2351.jpg


裏面(体に触れる側)は温か起毛となって下にはこの様なゴムの輪が用意されています。









CIMG2358.jpg


まるめてみたらこんなサイズでまとまりましたが、肉厚なのでウインドブレーカーより一回り大きいて感じでしょうか?









CIMG2355.jpg


実際取り付けてみるとこんな感じです 

身長171cmの管理人ですが、へそ下5cm位迄カバーってサイズでしょうか?


こいつの投入はもう少し寒くなってからになりそうです  (*^^)v  







↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします! 
にほんブログ村 自転車ブログへ 




    


                      






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

これ以前から気になっているんですよ。
インプレ期待しています。

No title

>まっくろくろすけさま

こんばんは。
私も気になって去年は見送ったのですが、今年は思わずポチリと!(笑)
オジサンのヨダレ掛けってかんじですよ!(爆)
自転車好きはこちらへ !(^^)!
過去の自転車記事をご覧になりたい方は『KANOKA』のESCAPE多摩サイ日記へ!        ↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします! にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
フリーエリア
プロフィール

KANOKA

Author:KANOKA
のんびりマイペースで自転車ライフを楽しんでします。

ポチっとお願いします
最新記事
最新コメント
応援クリックお願いします
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム              (管理人へのメールはこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ別記事一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
2924位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
206位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazon
ポチリとブログ村
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。