『KANOKA』のESCAPE多摩サイ日記Ⅱ

Top > 改造・メンテ > 自転車に乗れないのでクリート交換をしたのですが、今回は教えてもらった工夫を少し加えてみました。

自転車に乗れないのでクリート交換をしたのですが、今回は教えてもらった工夫を少し加えてみました。

前回クリート交換をしたのは何時頃だったのか? なんて調べてみると丁度一年前だったのですねぇ~  写真でクリートの状況を確認すると、殆ど同じ様なくたびれ具合で・・・・・・    



それでは早速交換しようと今回準備したのがこちら   









MG0383.jpg


t=1mm ワッシャー   






何に使うのかと言うと・・・・・









MG0388.jpg


クリートとシューズの間に入れてクリートをかさ上げする事にしたのです。


ピンクの矢印はクリート位置をマジックで書き込んだ後です  以前はテープを貼っていましたが、これなら微妙な位置までしっかり記録出来るので早くこの方法を実行すれば良かったと      









MG0391.jpg


こんな感じで隙間ができましたが、この処置は右足だけの物なのです  実は毎度冬場に入り、足を酷使すると痛みがでてしまう右足の膝裏なのですが、推定原因は右足が左に比べて短いんだと思うのです!(笑)  

「サドルの高さが低いと膝の前が痛くなり、サドルが高いと膝の裏が痛くなる」のは良く言われるポイントなのですが、管理人の場合は左足にサドルポジションがぴたりとあっている様で、故障もなくしっかり力が伝わっているのが良く解るのですが、なんとなく右はしっくり来ていない状態が以前から気になっていたのです。

そんな時けんちさんも左右のバランスが違っている事を聞き、更にその改善方法がこのワッシャー挟みの裏ワザだと教えてもらったのです 

これは早速管理人も真似をさせてもらおうとパーツを用意してみたのでした。



これで短かった右足の改善が出来れば、故障の恐れから解放されるだけでは無く、もしかするとパワーアップ出来るかも知れない?なんて淡い期待も持ちながら・・・・    









キャプチャ1611203


ついでにラバーヒールも新品に交換し、冬対策でつま先の窓も締めておきました。



早くこの違いを試してみたい所なのですが、ロードでガンガン走りに行くには主治医のお許しが・・・・・    





明日で2週間だし、仕事サボって病院行っちゃおうかなぁ~   ( ̄ー ̄)ニヤリ   




 
↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします! 
にほんブログ村 自転車ブログへ  




      




                                   


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは、もし2枚挟むような場合は10mmのボルトがAmazonんで売っているので是非準備してください。デフォルトの8mmでは3点の爪先側はネジが効きませんので(^-^)/

No title

>けんちさま

こんばんは。

毎度色々教えて頂きありがとうございます。

取り合えず先頭を2枚他は1枚で仕込んでみましたが、しっかりとまっている様なのでこのまま使ってみます!(笑)

リファビリ終わったらまたご一緒させて下さいね♪(^v^)
自転車好きはこちらへ !(^^)!
過去の自転車記事をご覧になりたい方は『KANOKA』のESCAPE多摩サイ日記へ!        ↓↓↓ ランキングに参加しています。 是非応援のクリックをお願いします! にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへにほんブログ村 自転車ブログ ポタリングへにほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ
フリーエリア
プロフィール

KANOKA

Author:KANOKA
のんびりマイペースで自転車ライフを楽しんでします。

ポチっとお願いします
最新記事
最新コメント
応援クリックお願いします
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム              (管理人へのメールはこちらから)

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ別記事一覧
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
趣味・実用
894位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
自転車・サイクリング
58位
アクセスランキングを見る>>
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
Amazon
ポチリとブログ村
リンク
フリーエリア